topへ戻る

シュウウエムラアルティム8の効果は?口コミ体験談

シュウウエムラ体験談

 

アルティム8

 

悩み

メイク

洗い上がり

まつエク

メイク落ち、

ニキビ、テカリ

ナチュラル

〜超しっかり

しっとり

OK

香り

容量

価格

返金保証

深みのある上品な

香り(ほんのり)

450ml(約3ヶ月分)

150ml(約1ヶ月分)

12,474円/450ml

4,536円/150ml(税込)

あり(※公式サイト)

(商品到着後2週間以内)

メイクはバッチリ派!
でも、その分なかなか落ちなくて、汚れが残っている感じがする。
もしくは、皮脂量が多くて、いつもすぐに顔がテカテカ^^;
ニキビもできやすい><;

 

そんな人におすすめなのが、世間の口コミ評価も高いシュウウエムラの「アルティム8スブリムビューティクレンジングオイル」です。

 

クレンジングに定評のあるシュウウエムラのクレンジングの中でも、もっともリッチな成分使用感で、きちんとメイクをオフしつつも、うるおいを残す優秀なクレンジングです!

 

もくじ

 

ライン

 

商品のパッケージ

それでは、私の体験談から、その効果と感想をご紹介します!

 

他の商品と異なり、こちらの商品は公式サイトから購入しなかったので、誠に勝手ながら商品の到着に関しては省略します^^;

 

ということで、早速パッケージのチェックに入ります^^

 

シュウウエムラパッケージ

 

オトナを感じさせる落ち着いた色合いの箱です。
成分の一覧などが細かく書かれています。

 

成分はどんな感じ?

では、この商品が優秀と言われる理由を、この成分から探ってみたいと思います!
全成分はこんな感じです。

 

トウモロコシ胚芽油、パルミチン酸エチルヘキシル、ミリスチン酸イソプロピル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、シア脂、ジオレイン酸ポリグリセル‐10、ジカプリン酸ポリグリセリル-6、オレイン酸ポリグリセル-2、フェノシキエタノール、スクワラン、ホホバ種子油、サフラワー油、ユチャ種子油、ジカプリリルエーテル、炭酸ジカプリリル、リナロール、トコフェロール、ゲラニオール、ショウガ根エキス、オレアミドオクタデカンジオール、香料

 

ベースはトウモロコシ胚芽油という油脂を使用しているようです。

 

「ふーん・・・」って感じですが(笑)、実はこれがすごく大事だったりします!
その理由を説明していきますね。

 

クレンジングの種類で不動の人気を誇るのは、やはりオイルクレンジングだそうです。

 

使用するクレンジングのタイプ

 

なぜ人気なのかと言えば、その理由はおそらくメイクの落ちやすさにあると思います。

 

でも、オイルクレンジングは「メイクはよく落ちるけど、逆にすすいだ後もぬるぬる感が残っている気がする!」そんな経験がある人もいるのではないでしょうか?

 

私自身も昔、クレンジングを切らして、たまたま浴室に置いてあった一番下の妹のオイルクレンジングを使ったことがあったのですが、何度流してもぬるぬる感が落ちず、すごく気持ち悪かったです。
勝手に使っておきながら、勝手に後悔しました(笑)

 

その商品は「濡れた手でも使える」とCMでも流れていた超有名オイルクレンジングで、今でもドラッグストアなどでリーズナブルに購入できます。

 

実は、同じオイルクレンジングでも、何のオイルを成分に使っているかによって、使用感にこのような違いが出てくるのです!

 

オイルクレンジングは、オイル成分が約80%、界面活性剤が15〜20%程度、エキスや香料、防腐剤などのその他の成分が5%程度配合されているのですが、リーズナブルなオイルクレンジングは、メインとなるオイル成分に「ミネラルオイル(鉱物油)」などの安価なオイルを使っていることが多いんです!

 

先ほどあげた妹のオイルクレンジングも「ミネラルオイル」がベースでした。

 

ミネラルオイルはメイクによくなじみ、酸化もしないですし、安価だからといって安全性に問題があるようなものではありません。

 

ただ、油の性質が強い分、元々お肌にある油分になじみ過ぎて、それらを溶かし出してしまったり、お肌への吸着力が強く、すすいでもなかなか落ち切らないというところが弱点だったりします。(お肌に残ったからと言って、悪さをするようなものではないですが、不快感は残ります^^;)

 

ぬるぬる感を取り去るために、クレンジング自体に大量の界面活性剤が配合されていれば、お肌から必要な水分や油分が奪われてしまいますし、また、仮に界面活性剤の配合が少なくてぬるぬる感が残ってしまう場合には、洗浄力の高い洗顔料でW洗顔しないと落ちないので、結果的にこちらも必要な水分や油分が奪われて乾燥してしまいます。

 

すべてのオイルクレンジングが肌を乾燥させたり、荒れさせたりするわけではないのですが、こういった肌に吸着しやすいオイルをベースに使用している商品が多いので、「オイルクレンジングはよくない!」と言われてしまうのです><;

 

ここで話を戻しますが、「アルティム8スブリムビューティクレンジングオイル」で使われているトウモロコシ胚芽油は、石油などを原料に作られた「ミネラルオイル(鉱物油)」とは違い、動物や植物などによって生成される「油脂」という油に分類されます。

 

トウモロコシ胚芽油

 

身近な油脂には、オリーブオイルやアボカドオイル、ココナッツオイルなどがあります^^

 

「油脂」はお肌と似た成分を持っていたりもするので、お肌になじみやすく、その上お湯で流しやすいという点で、ミネラルオイル(鉱物油)より優れています!

 

ただ一方で、油脂は酸化しやすく、鉱物油より不安定なので、扱いにくいといった弱点もあります。

 

酸化した油脂は過酸化脂質に変わり、もしお肌に残った場合には、くすみやシミの原因になったり、お肌にダメージを与えてしまう可能性もあるので、「油脂」だからいいとは言い切れないようです(汗)

 

でも、「油脂」の中には、ほとんど酸化しない優秀な油脂もあって、トウモロコシ胚芽油がそのひとつだったりします^^

 

「アルティム8スブリムビューティクレンジングオイル」は、お肌になじんでメイクを溶かし、お湯でするりと落ちる上に、もし仮にお肌に残ったとしても、酸化してお肌にダメージを与えることがない!という、優秀なトウモロコシ胚芽油をベースに使っているので、メイク落ちがよいのに、うるおいが奪われないというわけです!

 

ただ、トウモロコシ胚芽油以外にも、パルミチン酸エチルヘキシルやミリスチン酸イソプロピルなどの合成エステル(エステル油)が含まれているので、メイク落ちはさらによくなるのですが、少しだけ脱脂力が強くなってしまいます。

 

「アルティム8スブリムビューティクレンジングオイル」は、シア脂スクワランホホバ種子油など、保湿力のある美容オイルが含まれていることもあり、オイルクレンジングの中ではかなり保湿力の高い商品ですが、特に乾燥が激しく、粉がふいて悩んでいるという人に関しては、ナチュラルメイクであれば、バームやクリームの方がよいかもしれません。

 

基本的に、かなりの乾燥肌という人以外には問題なく使える優秀な内容で、皮脂が多めだったり、濃い目のメイクをしている人には特におすすめって感じになります^^

 

ちなみに、界面活性剤はジオレイン酸ポリグリセル‐10、ジカプリン酸ポリグリセリル-6、オレイン酸ポリグリセル-2の3つで、どれも低刺激非イオン界面活性剤です。

 

実際にクレンジング体験

だいぶ前置きが長くなりましたが(笑)、そろそろ箱から中身を取り出してみたいと思います!

 

アルティム8

 

こんな感じです!
シュウウエムラのクレンジングはいろいろな色のボトルがありますが、こちらはべっこう色と言うか、淡い茶色ってところです。

 

パッケージに書いてある使い方を見ながら、早速使ってみたいと思います!

 

乾いた手に4プッシュ・・・とありますが、軽い感じのさらさらのオイルで、4プッシュだと手から溢れてこぼれてしまいそうです(*_*)
なので、2回に分けて顔に乗せていきたいと思います。

 

まずは2プッシュ!

 

シュウウエムラオイル

 

結局、こぼしました(笑)
手前側がオイルで光っています^^;

 

指のすき間から漏れ出る前に、急ぎます!
塗布前の状態はこんな感じです。

 

シュウウエムラ塗布前

 

はじめにTゾーンに乗せ、残りの2プッシュを頬に乗せてなじませていきます!

 

シュウウエムラ塗布

 

オイルのすーっと伸びる感触は個人的に結構好きです^^
力を加えないようにやさしく全体になじませます。

 

オイルクレンジングは、毛穴の詰まりとかもポロポロ取れたりするので、つい嬉しくなってくるくるとやり過ぎてしまうのですが、それをやってしまうとお肌が傷ついて、かえって角質が固くなり、毛穴が詰まりやすくなったりするので、1分程度で終わらせてすすぎにうつります!

 

オイルクレンジングでは、このすすぎがとても重要で、きちんと乳化(水分と油分を混ぜ合わせる)できるかどうかで、ぬるぬる感の残り方が変わります。
少しずつ水を足して全体になじませ、白っぽいミルク状になってきたら、乳化は完了です!
あとはそれをすすいで落とします!

 

 

使ってみた効果・感想は?

私自身、元々メイクは濃い方ではないですが、問題なくキレイに落ちました。

 

オイルのぬるぬる感も残ることなく、メイクはすっきり落ちていますが、お肌はしっとりとした感触です!
触るとほわほわします(*´ω`*)

 

シュウウエムラすすぎ後

 

まつエクをしている場合には、基本的にオイルクレンジングはNGと言われますが、こちらのクレンジングはまつエクOKとのことで、私自身毎日使っても、特に問題ありませんでした^^

 

真ん中の妹は昔から脂性肌で、すぐに毛穴が詰まるのか、私以上にニキビができやすい体質なのですが、その妹にはこの「アルティム8スブリムビューティクレンジングオイル」が合うようで、これを使ってから肌荒れが少し落ち着いたらしく、気に入って使っています。

 

ポイントメイクなども私より圧倒的に濃いですが、専用のリムーバーなどを使わなくても落ちるので、それも便利なようです^^

 

毛穴汚れの改善に関しては、比較的効果は高い方ですが、ランキング1位で紹介したアテニアのクレンジングの方が効果実感があるように思いますので、特に黒ずみ・ざらつきなどの毛穴汚れが気になる人は、アテニアの「スキンクリアクレンズオイル」を試してみるのも悪くないかなと思います^^

 

シュウウエムラ公式サイト


ライン

 

シュウウエムラ「アルティム8スブリムビューティクレンジングオイル」のまとめ

では、最後に、シュウウエムラの「アルティム8スブリムビューティクレンジングオイル」の特徴とその効果を詳しくまとめてみたいと思います!
(星評価はランキング5商品の中での評価として、厳しめにつけています!クレンジング全商品での評価となると、どれも限りなく満点に近くなってしまい、差がわかりにくいので^^;)

 

肌へのやさしさ

  • 非イオン系の界面活性剤を使っているので、界面活性剤による皮膚刺激はほぼない。
  • 肌に吸着しにくいオイルを使用している分、流しやすいので、すすぎ過ぎによるお肌へのダメージが少ない。
  • 伸びがよい分、摩擦も少ないが、クッション性がない分、とにかく力を入れないように注意が必要。
  • ダブル洗顔不要なので、洗い過ぎによるダメージを防ぐことができる。

 

メイク落ち

  • ウォータープルーフなどの落ちにくいポイントメイクや、濃いめのメイクもキレイに落ちる。

 

効果

  • 脱脂力の少ないオイルをベースに使いつつ、ホホバ種子油など整肌効果のあるオイルも配合されているので、うるおいが奪われることもなく、しっとりする。
  • オイルが皮脂になじんで毛穴がゆるむため、毛穴の汚れがだんだんとキレイになる。

 

使用感

  • 軽い質感のサラサラとしたオイルで、お肌を引っ張ることもなく、スムーズになじませることができる。

 

使いやすさ

  • やわらかい質感で伸びもよいので、なじませるのが簡単。
  • まつエクも問題なし。
  • 濡れた手NG。お風呂で使う場合は、手の水分をきちんと拭いておく。
  • 液体状でこぼれやすいので、人によっては2回に分けて肌に乗せた方がよい。

 

コスト

  • 150mlで約1ヶ月間使えて4,200円(税抜)。450mlで約3ヶ月間使えて11,500円(税抜く)。大きなサイズのものを購入すれば少し割安にはなるけれど、他のクレンジング商品と比べると、お高め。

 

香り

  • 深みのある上品でやわらかな香り。

 

■総評■
使用感も機能性もとてもよく、すばらしいクレンジングですが、クレンジング商品の中でも、かなり高額な部類に入るので、その人のお肌の状態によっては、ここまで高価なクレンジングを使用しなくていいかな(あまりコスパがよくないので)というのが私の考えです。
同じオイルクレンジングであれば、第1位で紹介したアテニア「スキンクリアクレンズオイル」の方が毛穴汚れへの効果実感もあり、価格もお手頃なので、デイリー使いにおすすめです^^
私も以前は「オイルクレンジング=シュウウエムラ、それ以外は使えない!」と思っていた時期がありましたが、アテニア「スキンクリアクレンズオイル」は価格を大きく上回る価値があり、とても優秀です。
ただ、皮脂量が多く、毛穴が詰まってニキビができやすい!そんな悩みを持っている人にとっては、シュウウエムラの「アルティム8スブリムビューティクレンジングオイル」が断然おすすめです^^
ニキビの原因は皮脂詰まりですが、乾燥によってお肌が固くなると、さらに毛穴が詰まってニキビができやすくなるので、余分な皮脂をきちんと取り除きつつ、お肌のうるおいを保てる「アルティム8スブリムビューティクレンジングオイル」は、ニキビ対策にぴったりなクレンジングだと思います!

 

シュウウエムラ