topへ戻る

クレンジングのオイル成分は肌に悪い?ダメージ・効果

オイルの種類

 

オイル

 

クレンジングの成分「界面活性剤」の必要性と危険性のページでは、クレンジングの主な成分のひとつである「界面活性剤」について詳しく説明しました!

 

こちらのページでは、もうひとつの主成分である「油性成分(オイル)」について、詳しく解説していきたいと思います^^

 

ミネラルオイル、オリーブオイル、アボガドオイル、ココナッツオイル、ラベンダーオイル・・・同じように「オイル」がついていても、実は特徴も性質もさまざま。

 

オイルクレンジングがお肌によくないと言われる一方で、あらゆるオイルを使った美容法が紹介されたり、実際のところ、オイルがお肌によいのか悪いのか、なんだかよくわかりませんよね^^;

 

そこで、私たちが普段からよく耳にするオイルを、わかりやすく分類してみようと思います!

もくじ

 

ライン2

ミネラルオイル(鉱物油)

まずひとつめはミネラルオイル。原料は主に石油でできています。
安定性が高く酸化することもない扱いやすいオイルで、価格もとても安いです!
なので、リーズナブルなオイルクレンジングではよく使われています。

 

しかし、このミネラルオイルこそ、オイルクレンジングが悪者にされた元凶でもあります><;

 

というのも、ミネラルオイル自体は毒性も刺激性もなく、特に安全性に問題はないのですが、油の力がとても強いので、メイクはもちろんお肌の油分にもなじみ、すすぎの際に一緒に洗い流してしまいます。

 

また、お肌への吸着力が強く、ベタつき感が残りやすいため、それをなんとか落とそうと強力な洗浄力を持つ洗顔料でダブル洗顔をするとなると、さらにお肌に負担をかけ、乾燥を進行することになってしまうのです><;

 

しかも、お肌に残ってしまった場合には、毛穴に詰まってニキビなどの原因になってしまうこともあります!

 

そんなオイルクレンジングが、お肌にやさしいわけがありません^^;

 

「ミネラル」とついているので、なんとなくよさそうに聞こえますが、実際はその脱脂力と吸着力で、お肌への負担はかなり大きいものになってしまいます。

 

今使っているクレンジングの成分の1番目がミネラルオイルだったとしたら・・・知らぬ間にお肌の乾燥を引き起こしているかもしれません><;

 

ライン2

油脂

オリーブオイル

 

続いては油脂というものに分類されるオイル。オリーブオイルやアルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)、ココナッツオイル、アボガドオイル、アーモンドオイル、ツバキ油、ダイズ油、コメヌカ油・・・などなど、おそらくよいイメージで出てくるオイルたちです!
これらの原料のほとんどは植物の種子や果実です^^

 

ちなみに、同じグループに入りそうなホホバオイルはちょっと特殊で、ワックスエステルという種類に分類されるので、油脂ではありません。

 

これらの油脂はミネラルオイルなどと比べると水に流しやすく、また、私たちの皮脂と同じ性質の油なので、仮にお肌に残ってしまったとしても、皮脂と同じようなはたらきをしてくれます^^

 

また、お肌をやわらかくしてくれる効果もあったりするので、美容アイテムとしてよく使用されるわけです!

 

ただし、ミネラルオイルと違って、気を付けないといけないのは「酸化」という観点です。

 

オリーブオイルやツバキ油には酸化しやすいという特性があり、紫外線などに当たると酸化して過酸化脂質を生み出し、お肌に負担をかけてしまうことがあります><;

 

なので、よりより美容オイルを選びたい!という人には、抗酸化作用のあるアルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)やアボガドオイル、コメヌカ油などがおすすめです^^(ミネラルオイルと比べて、少々高価なのが難点ですが^^;)

 

ライン2

エッセンシャルオイル(精油)

エッセンシャルオイル

 

続いては、ラベンダー油、ユーカリ油、オレンジ油、レモングラス油、ハッカ油、セージ油、ローズマリー油などのエッセンシャルオイル。

 

名前からして油脂と区別がつきにくいですが、エッセンシャルオイルは花や草、果皮、樹皮から抽出しているところが特徴です。

 

これらのほとんどは揮発性の芳香物質で、厳密にはオイルではないので、ミネラルオイルや油脂と同じように使うことはありません。基本的には香料として使うイメージです^^

 

ライン2

エステル油

最後はあまり聞き慣れないエステル油という脂肪酸+アルコールの合成オイル。

 

エチルヘキサン酸セチル、ジイソノナン酸BG、パルミチン酸エチルヘキシル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルなど、覚えるには難しい名前ですが、基本的には「・・酸・・ル」みたいな感じになっています!(界面活性剤との区別がちょっと難しいですね^^;)

 

酸化しにくく、べたつかない、軽くてさらっとした質感が特徴のオイルで、脱脂力、保湿力などの性質としてはミネラルオイルと油脂の中間といった感じです^^

 

ライン2

 

こんな感じで、オイルにもたくさんの種類がありますが、クレンジングの主成分として使われるのはミネラルオイル、油脂、エステル油のどれか、もしくはその組み合わせで、エッセンシャルオイルは香りづけに使われることになります!

 

それぞれにメリットがありますが、反対にデメリットもあるので、目的などに合わせて適切なものを選ぶことが大切ですね^^

 

さて、クレンジングの主成分である「界面活性剤」と「オイル」について順に解説してきましたが、ここまでこれば、そのクレンジングの良し悪しはなんとなく判別できるようになったのではないでしょうか^^

 

次のページでは、同じクレンジングでもオイル・リキッド・クリームなど、その形状による違いについて解説していきたいと思います!

 

成分と形状が理解できれば、メイクがきちんと落ちるのか、お肌に刺激がないのかなどがわかるようになります。
引き続き参考にしてみてくださいね^^